ガクガク震えて怖がった話

 04,2017 23:55
今日は、朝から病院で経過観察&薬浴とトリミングの予定だったので
頃合いを見て出かけようとしたのですが
「絶対に家から出たくない」のか「眠いからやだなのか」
どうしてもベッドから出ようとしないメレンゲさんがいました。
いつもなら服を着せたら、「さ・行くよ!」と玄関に出てくれるのですが
今日は服を着せてもベッドに戻って眠ろうとするばかり、、
体調が悪そうでもないけれど、時間が迫ってきたので
超贅沢をして、タクシーで病院に飛び込みました。
診察台に上がって、簡単に診察をしてもらった後に
一旦、抱っこ・・と腕の中に戻ってきたのですが
貧乏ゆすりレベルで
メレンゲはガクガクガクガクガクガクガクガク・・震え続けていました。
何度も瞬きをして、欠伸も繰り返していました。

確かに、病院もシャンプーも好きではありませんが
8年近く一緒に過ごして来て、これは初めての経験でした。

IMG_2226.jpg

トリマーさんによおくお願いをして
状態が悪ければトリミングの中止も申し入れて預けましたが
トリミング中はお利口さんだったらしく

IMG_2230.jpg

お迎え後の帰路もケロっとしていていました。
一体、あれは何だったのかなぁ〜
こうゆう時には、本当に話せたらいいのに、、、と切に思います。

PS本日の夕食メモ
IMG_2232.jpg

牡蠣と鱈と帆立の海鮮スープ(牡蠣・鱈・帆立・キャベツ・椎茸・大葉)、野菜酵素サプリ
※デザートにイチゴ・バナナ


にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

Latest Posts