スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

3.11に寄せて

 11,2013 23:31
IMG_5924.jpg

東日本大震災から2年が経ちました。

私は阪神淡路大震災に遭い、生まれ育った家が全壊
慣れ親しんだ街は家屋の破損、火災で、壊滅状態になりました。
「頑張れ」というエールほど腹が立った言葉もなければ
慰めや同情の気持ち、体験談のリクエストも辛かったものですが
目の前の方々に支えられ、励まされた事も、また事実です。

震災から○年ごとに特集される各種メディアの記事、特番の類いも大嫌いです。
取材用ヘリの騒音と共に
メディアと言われる方々が大挙して押し寄せて
不躾なインタビューをする裏側で
全壊した家屋を指差しながら、「マジでぇ」と笑っていた姿
メディア不振になるのには、ここに書けないものも含めて
十分過ぎる程、持ち合わせています。
でも、そのメディアでなければ、世界に伝えるという事が
特にネットが無かった(に等しい)あの頃は
むつかしかったのも、事実です。



これらは、私の被災体験の一部です。
被災経験があるからといって
東日本大震災の被災者の方々の気持ちなんてわからない
100人いれば100通りの被災体験があるのです
その辛さ、苦労も、100通り
推し量ることなんてできやしない
メディアに誘導されての空想や想像なんてしたくない
正直、そう思っています。

被災に遭われた方々が
喪ったものを取り戻すのではなく
新たに、喪いたくないものを持てる日が来るまでには
それぞれの方々に"時間"という助けが必要でしょう。
私達は待つしかありません。
待っている間に、どう生きるのか?
それこそが、積み重なって支えになっていくと信じます。

不器用な私ですが
今は、メレンゲという喪いたくないものと生きています。
一所懸命、真面目に、そして感謝の気持ちを忘れずに
メレンゲといる日々を大切にしていきます。


最後になりましたが
犠牲になられた尊い命のご冥福を心からお祈り申し上げます。




にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。